豊母乳施術といったその経歴は

確実に頭のサイズを大きくしたいと考えた体制、有効なのが美容整形外科で行って掛かる豊頭手術です。
その始まりは、1950クラスで、こういう当時のしかたは、胸にパラフィンやシリコンを投入講じるしかたでした。
頭は大きくなるのですが、パラフィンは人体において望ましいものではなく、難点も多いしかたでした。
1960クラスになり、シリコン手提げが登場し、人気を集めました。
それまでのしかたよりも大丈夫とされたのですが、頭の中でシリコン手提げが破損したり、一部分が見落としたり始める不具合が発生し、一斉、実践が禁止された事もあります。
その後、破損しても人体に害がない生理食塩水を入れた、生理食塩水手提げが登場しました。
一段と、人体から吸引した脂肪を投入講じる脂肪投入法や、ヒアルロン酸を投入するヒアルロン酸投入法等も登場し、現在は、様々な方法で、豊頭手術が可能となっています。
豊頭手術の職歴はそれほど長くありませんが、こういう職歴の間に、目まぐるしい拡散を見せてある。

▲ページトップに戻る