脂肪投入をするためやれる豊バスト執刀

脂肪投入による豊おっぱい手術は、自分自身のボディーにおける余分な脂肪を吸引し、それをおっぱいに投入始めるという手です。脂肪は、こぶしや腹部、背中、腰、おしりなど気になる部分どこからも吸引することができます。ついももやふく場合はぎからでも吸引できます。吸引した脂肪を以ておっぱいに入れて利用するので、硬さが順当で、レントゲンに映ることもありません。異物を入れたときに生じる、後遺症の心配もなく、安全な手術といえます。
おっぱいへの投入は、吸引した脂肪細胞を注射容器で少しずつおっぱいの範疇に入れていきます。最初ケ所に入れるわけではないので、普通おっぱいUPが期待できます。女子らしい豊かな丸みのあるおっぱいを定めることができ、自分の脂肪を投入するので違和感やボディーへの影響が少ないのが特徴です。局所麻酔で行うことが多いため、体内麻酔よりもボディーへの動揺が小さく、普通柔らかさで、形の望ましい尻上がりのおっぱいなど、良いおっぱい路線を手に入れることができます。

▲ページトップに戻る