受胎センターの乳首の黒ずみちくびはホルモンバランスが動機

妊娠インナーや授乳インナーの乳首に黒ずみが叶う原因はホルモンバランスの差異が原因です。
妊娠するという母乳を生みだすために乳首は大きくなり、目立つようになります。
授乳インナーや肌着とのスレの刺激から表皮を続けるためにメラニン色素が多くなるので、トーンも黒いちくびとなります。
トーンが濃くなるのは乳児がミルクを見つけやすくするため、という考えもあります。
また妊娠インナーのホルモンバランスの変化は交替が悪くする結果、古臭い角質がかち合うようになって乳首のトーンが濃くなることもあります。
女房ホルモンは産後に元に戻る結果、半年ほどで乳首も元のトーンに戻っていきます。
手早く元のトーンに立て直すためにはできるだけブラジャーのスレによるソフトようにする、クリームなどで保湿やる、ビタミンCを摂取して表皮の新陳代謝を良くする、美白効果のある専用の美貌液などを使用します。
黒ずみ専用の美貌液などにはピーリング効果のある種が含まれているので、溜まってしまったメラニンを含む角質を取るため短く元のトーンに戻せるです。
セルフケアで元に戻らない、二度とかわいいトーンにしたいに関してには表皮科のドクターに相談して塗り薬を処方してもらうと一層確実に効力を出すことができます。




▲ページトップに戻る